プロフィール 

​五十嵐 尚史

1985年生まれ

幼少時から体が弱くアトピー性皮膚炎、様々なアレルギー疾患に悩まされるが野口整体により改善。

YMCメディカルトレーナーズスクールで整体、体の基礎を学ぶ。

カイロプラクティック、指圧気功,野口整体など様々な療法を身につけ約1万3千件の施術経験と一日20人の施術を達成する。

3・11を機に地元である東京から奈良を経て岡山へ移住。開業。

 

リウマチ、うつ病、乳癌などの現代では難病と位置付けられる病気を快方へと導く。

東京・六本木にも支店をオープン。

​地元である東京と岡山を往復して活動を続ける。

現在も体や心、言葉、意識そして地球環境等、人の幸せと健康に繋がる様々な事に関心を寄せ研究を続けている。

E010A43E-D558-4997-AF92-F201E0D34605.jpe

自己紹介

初めまして。院長の五十嵐尚史です。

少し長い自己紹介ですが、よかったらお読みください。

私の整体は、何か自分にも人の役に立てることはないのだろうか?という思いから始まりました。

とはいえ、そんなに格好の良いものでもなく幼い頃から姉にマッサージをさせられ続けたので(笑)これならできるかも。とそういった気持ちで始めました。

 

整体の学校に2年ほど通いながら、もっと多くの人の体に触れた方が絶対に自分の経験になると思い、在学中に整体院(カイロプラクティック)に就職しました。

通学、仕事(12時間以上の勤務が普通)と、とにかく必死の毎日だったという記憶が残っています。

ただそこで得た皆さんの喜びの声や経験が今の土台となって生きてきていることに、たまに感慨深い思いが込み上げてきます。未熟な私に沢山教えて頂いた皆様、ありがとうございました。

スイレン

整体師をする前の私は、というと、高校卒業直後に北海道へバイクで一人旅。

武蔵野大学に在学中に一年で休学。

休学中に三つもアルバイトを掛け持ちしてお金を貯めて、アジアへバックパックを背負っての旅。

日本でも山登りにはまり、北は青森、南は熊本と様々なところへフラフラと出かけていました。

私は興味心は旺盛で様々なことに興味を持つのはいいものの、続けることが出来ずにすぐに飽きて他のことに目がいってしまいます。しかし、今でもそれは変わりません。笑

ただ、飽きることなく続けているのが「整体」です。

 

飽きる事なく続けられている理由は2つあります。

整体といえば多くの皆さんのイメージでは、骨格や筋肉が歪んでいるからそれを正しい位置に矯正して症状を変えていく事だと思います。

簡単にいうとその通りなのですが、いくら骨格や筋肉を正しい位置に戻しても症状が変わらないケースが沢山あります。

 

学校や教科書で教えてもらった事ですが、実際の現場では役に立たないことがとても多いのです。現場で「お客さんの体に体の仕組みを教えてもらう。」そういったことの積み重ねで今では沢山の方に喜んで頂いています。

山と鹿

例えば腰痛一つとっても原因は一人一人違うし、ということは施術する箇所も違います。

 

この体の複雑性が私が飽きる事なく整体を続けていられる理由の一つです。

単純作業の繰り返しは飽きっぽい私には続けられないのです。

今まで、全く同じケースは一つもありませんでした。

​もう一つは体に対しての捉え方が皆さんとは大きく違います。

私にとって体というのは人間の全てを、その人の歴史を表しているものなのです。笑

内臓の状態、心、生活環境、仕事、気力、忍耐力、感受性の傾向、夫婦仲(笑)など沢山のことを体は表現しています。

特に背骨には上記の事が表れています。

 

まだ正確に全てのことを読み取れる訳ではないのですが、私にとっての体とはどうしたら元気な状態で幸せにイキイキと生きられるのか?どうしたら病気になったり壊れてしまうのか?

と言うことを教えてくれる先生です。

人間が好きで(とてもシャイです。)心や体の構造、内臓の状態がその人にどういった影響を及ぼすのか?を研究している私にとっては、飽きることなく興味が冷めることもありません。

Image by Jessica Ruscello

もう一つ続けていられる理由がありました。

お越しいただく皆さんが喜んでくれるからです。

その喜びの声や回復した後に偶然ばったりと会って元気にしている姿を見ると、「整体はやめられないなー」と嬉しく思います。

五十嵐整体には理念があります。それはとてもシンプル。

健康と幸せな体を作る」です。健康と幸せというのは二つでセットだと思っています。

​健康だから幸せがある。幸せだから健康がある。この仕事を通してそう感じています。

これからも皆様に健康で幸せになって頂き、それをみて私も幸せになる。そういった好循環を整体を通して社会全体へと広げていきます。

整体は医においてはまだまだ知られていない面が沢山あります。私自身もまだまだ腕を上げ学術を吸収し、更に健康と幸せに貢献して本当の整体を広めていければと思います。

まだお会いしたことのない皆様、これからお会いできることを楽しみにしています。

注:病気になれといっている訳ではありません。笑